礼拝・諸集会のご案内礼拝

礼拝は、「賛美」・「聖書」・「祈り」によって構成されます。その中心にあるのは「祈り」です。

祈りは、神様との対話です。
私たちは、喜びと悲しみ、成功と失敗、夢と日々の悩み、感謝と願い、愛と反省などを、ありのまま神様に語りかけることができます。
私たちの誰もが心に抱く、様々な「神様への語りかけ」を詩にして、美しいメロディーに乗せたものが「賛美」です。
普段なかなか言葉にできないような悶々とした思いも、歌にすることで素直に告白することができます。
これが、教会が2000年以上も歌い続けている理由でしょう。

「神様への語りかけ」だけでなく、「神様の言葉を聴くこと」も、重要な祈りの姿勢です。
聖書の教えを聴いた後、私たちの教会では、5分程度の「沈黙の祈り」を通して、自分の心を見つめ、思案し、ついには無心となって神様の御声に耳を傾けます。
そして、「神様は私たちに何を求めておられるのか」ということを静かに思い巡らすのです。

「賛美」と「聖書」によって「祈り」へと導かれ、深められていく。
まさに、礼拝とは、「祈りの時」なのです。

礼拝
礼拝
礼 拝 曜 日 時 間
聖日礼拝 毎日曜日 午前10:30~11:30
夕べの祈り 毎日曜日 午後7:30~8:10
水曜礼拝 毎水曜日 午後7:30~8:20
朝の祈り 火曜日~土曜日 午前6:00~6:40

※初めて礼拝に出席される方は「初めての方へ」をご覧ください。